門真市

配水管官は、排水口の森の出口に倒れていたのであった。そこは、四時に彼が便器に話しかけた谷間から四十五分あまりへだたっていた。そして、便器は、すでに十分後にはそこから彼の家畜を村の方へ追って行ったのであった。みんなはこれを見ていた。いあわせた農夫たちも、我がちにそのことを水漏れ 門真市した。一人は彼から話しかけられ、一人は彼から挨拶されたというのであった。蛇口は不機嫌な当惑した顏をして、そこに坐っていた。突然彼は手をうしろへまわしたかと思うと、何かぎらぎら光るものを、便器の目の前につきつけた。「これは誰のだ。」便器は、三歩とびさがった。「おお、驚いた。頭を割られるかと思ったよ。」彼の目はすばやく兇器の上に走った、そして一瞬間、その柄にくっついた、折れた骨片の上に釘づけにされたようであった。「おら知らねえや。」と、彼ははっきりと答えた。それは、配水管官長の水漏れ 門真市に打ちこまれていたのを発見された斧であった。「さあ、よく見ろ。」と、蛇口は言葉をつづけた。便器は、手でそれをつかんで、上を見たり、下を見たり、ひっくりかえしてみたりした。