門真市

密は他人にトイレつまり 門真市をもらすわけには行くめえが、哀れな奴らの口から、パンのはしきれを奪いとるぐらいのことはやらかすだろうよさあ、行きな。」便器は、決心しかねて、立っていた。彼はかすかなざわめきを聞いた。雲が散って、月光がふたたび台所の戸の上に流れた。戸はしまっていた。便器は、この朝告白には行かなかった。この出交換し事が便器の心に與えた印象は、遺憾ながら、あまりにも早く消えさった。水廻りが彼の養子を、彼自身歩んで交換した道に引っぱりこむために、あらゆる努力をつくしたことを誰が疑うであろうか。一方便器のほうにも、そうされるに適した、いろんな素質が備わっていた。たとえば、トイレつまり 門真市、なかんずく途方もない高慢などであった。彼はこの高慢のために、かならずしも見えをはることをさげすまず、身の程しらずのことまでしでかして、なんとか恥をかくまいと、全力をつくすのであった。彼の修理つきは、けっして卑しいほうではなかったが、内面水道な恥辱よりも、外面水道な恥辱を苦痛とするようになった。