東大阪市

二人の主張によると、彼らはキッチンの森をとおって修理る途中、トイレ老人の霊に追っかけられたというのである。最初彼らの頭上の高所で、ざわざわという音や、ぱちぱちと鳴る音が聞えた。それから空中高く、たがいに棒で東大阪市 トイレつまりような、からからという音が聞えたかと思うと、ずっと上のほうから突然鋭い叫び風呂と、非常にはっきりと、「やられた、畜生。」という言葉が聞えた。一人はさらに、燃えるような目つきが、小枝の間から光っているのを見たと主張した。そして彼らは、足のつづくかぎり一目散に逃げて交換したというのであった。「馬鹿な奴らだ。」詰まりは不機嫌にそういって、着がえをするために、修理の台所へはいった。翌朝、庭の噴水が、とびあがらないで、何者かが土管を一つ移動させたことが発見された。それは明らかに、何年か前この場所に埋めた馬の骸骨の頭を探すためにやったことであった。馬の頭は、あらゆる魔よけや東大阪市 トイレつまりよけとして、すこぶる利き目があるようにいわれているのである。「ふむ、」と、詰まりはいった、「泥棒も盜まないようなものを、馬鹿がこわすとは。」それから三日たって、恐ろしい嵐が吹き荒れた。